読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エリックのよだきい日常

このブログは、好きなことはどんなにきつくてもやる しかしそれ以外はめんどくさい だるい きつい と全くやりたくない男エリックによる 「よだきい」日常や考えなどを好き勝手に書いていくブログである。ちなみに「よだきい」とは大分弁(宮崎でも使われてる?)で めんどくさい だるい つかれる 等を意味を表し、全くやる気がない状態である

計画性のなさがよだきい

f:id:yodakiinichijyo:20160404101818j:plain

学生時代は部活をやっており授業中はできれば寝たい。寝たら怒られるこわい先生の授業いがいのところは寝てました。

ところで各授業で教科書というものがありましたが
1年間、もしくは3年間で教科書の最後のページまでいったことはあるだろうか・・・・

私の経験するかぎりではないんです(僕の行っていた学校がダメすぎただけかもしれんが・・・)

日本史の教科書で言えば昭和までいってなかった気がします

僕的な考えでいえば 卑弥呼がどうしたとか聖徳太子が冠位十二階制度をつくったとかどうでもいいんですね それよりも昭和近辺のほうが大事なんじゃないかと思うのですよ

そんな昔のことを覚えて何になるのか。終わらないくらいなもっと重要な部位だけまとめやがれ

そして最近になって じつはこうじゃなくてこうだったとか そんなことを言われても覚え損じゃよだきい~   まさによだきい

上の画像を見てたぶん30代以上なら確実に足利尊氏と答えるだろう

兄が使っていた教科書にはこの画像の人を足利尊氏と書いてあった
しかし2歳下の僕の教科書には戦場を駆ける武士と書いてあった

調べていくうちにあの画像の人は足利尊氏ではないとなったのだろう

そういうとこなんですよ 歴史は変わっていくんですよ

なのでそんな昔のことを覚えても無駄無駄無駄無駄ーーー

もっと確実にわかってるところ攻めましょ!

そしたら教科書の最後までいくと思うんだ

はぁ~ よだきい学生時代・・・